Blog

ブログの文章が読みやすくなるコツ3つ【Webライティング初心者向け】

ブログの文章が読みやすくなるコツ

ブログを始めたのですが、文章が下手で落ち込んでしまいます。文章が読みやすくなるコツがあれば教えてほしいです。

 
こんなお悩みにお答えします。

本記事の内容
  • ブログ初心者は文章が上手くなる必要はない
  • ブログの文章が読みやすくなるコツ3つ
  • 読みやすい文章はSEO対策になる

 
ブログで文章を書くのって難しいですよね。
学校で習う作文とは、まったく違いますから。

過去の僕も、Webライティングのコツが分からず悩んでいました。

自分で読み返しても、意味が分からない文章を書いてしまっていたので、気持ちが分かります。

そこで、本記事ではWebライティングの初心者に向けて、文章が読みやすくなるコツをご紹介します。

ちょっとしたコツさえ知れば、ブログの文章はグンと読みやすくなりますよ。

本記事を読んだあと、すぐに自分のブログ文章の改善が可能なので最後までご覧ください。

ブログ初心者は文章が上手くなる必要はない

いきなり過激なことを言ってしまいますが、事実です。

ブログの文章は「上手い文章」ではなく「読みやすい文章」にすることが大切!

ブログを書き始めたばかりの初心者は、自分の文書の下手さに絶望します。もちろん僕もそうでした。

絶望を感じた僕は「文章が上手くならないと!」といった強迫観念に捕らわれてしまったんですよね。

無駄なプレッシャーを感じたままだと、ブログ記事を書くことができなくなってしまいます。

ふだん自分が読んでいる文章はプロが書いたものだと知る

あなたが日常生活で読んでいる文章のほとんどはプロが書いたものです。

Webニュースや本などは、文章でお金を稼いでいるプロによる完成された文章。比較している対象のハードルが高すぎるんですよね。

ブログ初心者はコツさえ知れば、文章が激変する

ブログ初心者の人ほど、Webライティングのコツを知るだけで文章がグンと読みやすくなります。

なにも文章がプロのように上手くなる必要なんてないんですね。まずは読みやすい文章を目指しましょう!

それでは、Webライティングのコツ3つを紹介していきます。

ブログの文章が読みやすくなるコツ3つ

ブログの文章が読みやすくなるコツは下記です。

ブログの文章が読みやすくなるコツ3つ
  1. 一つの文章を短くする
  2. 同じ語尾を連続させない
  3. 適度に改行する

 
この3つを改善するだけで、文章は劇的に読みやすくなります。

下記のダメな文章を、3つのコツを使って改善していきながら解説をしていきますね。

ダメな文章例

僕は副業に挑戦するためにブログを始めて、目標は月3万円を稼ぐことです。給料以外に自分で稼ぐことを経験して、最終的には独立するのが夢です。まずは読みやすい文章が書けるように、Webライティングを勉強してどんどんブログ記事を書いていきたいと思います。


 
ダラダラと長い文章で読みにくい。内容が頭に入ってこないですよね。

順番に改善していきましょう。

その①:一つの文章を短くする

まず1つ目のコツが「一つの文章は短くする」です。

ブログ初心者は、一つの文章を長くしてしまいがち。
人にモノを伝えようとする気持ちが強くなるほど、長い文章を書いてしまいます。

それによって、何を言っているのか分からない文章が出来上がってしまうんですよね。

一つの文章を短く改善

僕は副業に挑戦するためにブログを始めました。目標は月3万円を稼ぐことです。給料以外に自分で稼ぐことを経験して、最終的には独立するのが夢です。まずは読みやすい文章が書けるように、Webライティングを勉強します。そして、どんどんブログ記事を書いていきたいと思います。


 
長い文章は、いったん切る。
これだけでも、読みやすくなりました。

それでは、次を見ていきましょう。

その②:同じ語尾を連続させない

2つ目のコツは「同じ語尾を連続させない」です。

「です。」や「ます。」といった語尾が同じものを連続すると文章が読みにくくなります。

連続している同じ語尾を改善

僕は副業に挑戦するためにブログを始めました。目標は月3万円を稼ぐこと。給料以外に自分で稼ぐことを経験して、最終的には独立するのが夢です。まずは読みやすい文章が書けるように、Webライティングを勉強します。そして、どんどんブログ記事を書いていきたいです。


 
連続していた語尾を改善するとテンポが良くなります。

その③:適度に改行する

3つ目のコツは「適度に改行する」です。
ブログの文章は、適度に改行すると非常に読みやすくなります。

例えば新聞のように、文字が詰まった文章って読みにくいですよね。「文字のたかまり」を見てしまうと、一気に読む気が失せてしまいます。

適度に改行することで「文字のかたまり」を分解してあげましょう。スペースができることによって、読者が文章を読むハードルをグンと下げることができます。

適度に改行して改善

僕は副業に挑戦するためにブログを始めました。
目標は月3万円を稼ぐこと。

給料以外に自分で稼ぐことを経験して、最終的には独立するのが夢です。

まずは読みやすい文章が書けるように、Webライティングを勉強します。そして、どんどんブログ記事を書いていきたいです。


適度に改行をすることで、一気に読みやすい文章になりました。

3つの簡単なコツで文章は改善できる

小説家であれば、文章が上手いのは必須のスキルです。

しかし、ブロガーにとっては、どれだけ文章が読みやすいかが重要。

Webライティングの3つのコツで、読者が読みやすい文章に改善していきましょう。

読みやすい文章はSEO対策になる

文章が読みやすいとSEO対策になります。

その理由は、ブログの文章が読みやすくなると、訪問者の滞在時間が伸びるからです。

新聞のような文字が詰まって読みにくいブログはすぐに閉じられてしまいますよね。

それに対して、Webライティングのコツによって改善された文章は読みやすくなって、訪問者に読んでもらうことができます。

本を読みながら書くのがおすすめ

最短で、読みやすい文章が書けるようになりたいなら、本を読みながらブログを書くことです。

文章術の本は、ただ読んだだけではまったく身につきません。

「読書」と「実際にブログ記事を書くこと」をセットにすると、短期間で一気に読みやすい文章が書けるようになります。

【初心者必読】ブログ運営に役立つおすすめ本【厳選7冊】でも紹介していますが、特におすすめの文章術の本は2冊。

ブログ初心者が読んでおきたい本2冊
  • 『沈黙のWebライティング』
  • 『20歳の自分に受けさせたい文章講義』

 
Webライティングの原則が学べます。
僕はブログ記事を書くときに、この2冊はいつも側に置いていますね。

ふとしたときに、サッと手にとって読みます。参考になった本の内容を、すぐに書いているブログ記事に反映させる。

この「学び」と「改善」のサイクルによって、Webライティングはグンと上達します。

くわえて、文章術の本を読んで刺激を受けると、ブログ記事を書くモチベーションが上がるのが良いですね。

さらに、文章を読みやすくするテクニックを1つ

先ほど紹介した「文章が読みやすくなる3つのコツ」に加えて、テクニックをもう1つ紹介しておきます。

「〜と思います」を使わない。

つい使ってしまいますよね。
特にブログ初心者が連発してしまう言葉です。

以前の僕もよく使っていました。
自信がないから逃げで「〜と思います」って書いちゃうんですよね。

文章は読みにくくなるし、しかも説得力のない文章になってしまいます。読者は書き手の自信の無さを感じ取りますから。

できるだけ断定的な言葉を使いましょう。
「自信を持って、言い切る!」ことで読みやすい文章になります。

まとめ:ブログ初心者は「上手い文章」より「読みやすい文章」を目指そう!

今回は、Webライティング初心者向けに「ブログの文章が読みやすくなるコツ3つ」を紹介してきました。

もう一度おさらいをしておくと

ブログの文章が読みやすくなるコツ3つ
  1. 一つの文章を短くする
  2. 同じ語尾を連続させない
  3. 適度に改行する

 
文章がシンプルになると、一気に読みやすくなりますよ。

たとえ書いてある内容が同じでも文章の印象がガラっと変わって、読者の滞在時間は伸びます。

さっそく、すでに書いたブログ記事をリライトしてみください。

今回は以上です。

-Blog

© 2021 Eibon blog