Blog

【簡単】リード文の書き方3つのコツ【読まれるブログ記事になる】

リード文の書き方

いざブログ記事を書こうとしても、出だしのリード文の書き方が分からない…読まれるリード文の書き方のコツが知りたい!

 
こんな悩みを解決します。

本記事の内容
  1. リード文の書き方3つのコツ
  2. 読まれるリード文の書き方の秘訣は「共感」
  3. リード文がSEO対策に重要な3つの理由

 
「リード文の完成度で、ブログ記事が読まれるかどうかの8割が決まる」
とも言われるほど。

エイボン
とはいえ、一体どうやって書いたら読まれるリード文にできるのか悩んでしまいますよね。

 
そこで本記事では、ブログ記事にとって最重要な「リード文の書き方」についてご紹介していきます。

僕は今回ご紹介するリード文の書き方のポイントを実践することで、ブログの直帰率を改善することができました。

また「アドセンス収益がアップ」したり「Amazonアソシエイトで報酬」が得られるようになったんです。

ご紹介する3つのコツを知れば、きっと読まれるブログ記事になるリード文が書けるようになりますよ。

リード文の書き方3つのコツ

さっそく、リード文の書き方について解説をしていきます。

その①:読者が抱える悩みを顕在化する

 
まずは、読者が抱えている悩みを顕在化させましょう。
顕在化とは「ハッキリと自覚」させることです。

例えば、本記事は[リード文 書き方]というキーワードで訪問してくる読者が多いです。

そんな読者に向けて

いざブログを書こうとしても、出だしのリード文の書き方が分からない・・・読まれるリード文の書き方のコツが知りたい!

 
このように悩みをハッキリと自覚させてあげることで「このブログ記事は、自分の悩みを解決してくれる記事なんだ!」と思ってもうことができます。

検索してページに訪れてきてるんだから、悩みはハッキリと自覚しているでしょ?

 
なんて、考えてはダメです。
悩みがぼんやりとしていて、ハッキリしていない人が多い。

リード文の中に、読者の悩みをしっかりと明記しましょう。

その②:記事を読むことで得られるベネフィットを提示

 
次に大事になるのが、記事を読むことで得られるベネフィットです。

ベネフィットとは、得られる利益のこと。
つまり、どんな内容が書かれていて、読者にとってどんな利益があるのかを提示します。

「この記事を読めば、あなたにこんな良いことがおこりますよ」と伝えるわけです。

本記事では

  1. リード文の書き方3つのコツ
  2. 読まれるリード文の書き方の秘訣は「共感」
  3. リード文がSEO対策に重要な3つの理由

 
このように、ベネフィットを箇条書きで3つ明記しています。

その③:なぜベネフィットが得られるのか理由を示す

 
最期は、どうしてブログ記事を読むことでベネフィットが得られるのか理由を示します。

本記事では

僕は今回ご紹介するリード文の書き方のポイントを実践することで、ブログの直帰率を改善することができました。また「アドセンス収益がアップ」したり「Amazonアソシエイトで報酬」が得られるようになったんです。

 
上記の文によって「僕が実際にリード文の改善によって得られたベネフィット」を提示。

読者は本文への興味が増し、安心して読み進めることができます。

読まれるリード文の書き方の秘訣は「共感」

 
リード文の書き方3つのコツに加えて、超重要なコツをひとつ。
それが「共感」です。

読者に向けて「こんな悩みをお持ちで大変ですよね?」と伝えます。

本記事では

一体どうやって書いたら読まれるリード文にできるのか悩んでしまいますよね。

 
上記の文によって、読者は「この記事を書いた人は、自分のことを分かってくれている!」となります。

共感することで、読者に刺さるリード文になるわけです。
「自分が探していた記事はコレだ!」と思ってもらえます。

僕も昔は同じように◯◯で悩んでいました

 
このような書き方もおすすめ。

読者は「悩んでいる自分のことを理解してくれている」と感じると、ブログ記事を最期まで読んでもらえやすくなります。

リード文がSEO対策に重要な3つの理由

 
リード文がどれだけSEOに重要なのか知っておきましょう。

リード文がSEOに重要な3つの理由
  • 理由①:ブログ記事を読むかどうかが決まるから
  • 理由②:訪問者の滞在時間が伸びてSEO対策に役立つから
  • 理由③:リード文を適当に書いてしまっている人が多いから

 

理由①:ブログ記事を読むかどうかが決まるから

 
リード文が「直帰率」を左右します。
なぜなら、リード文の良し悪しでブログが読まれるかどうかが決まるからです。

読者は、ブログ記事の本文を読むかどうかをリード文で判断します。

このブログ記事には、自分の探している答えは書かれていないな・・・

 
と思われてしまったら、大半の読者が一瞬でページを閉じます。

あなたもWebサイトを見るときに、最初のリード文で判断をしているのではないでしょうか。

「本文を読んでもらえば」という考えはNG

僕も昔はこのような甘い考えでブログを書いていました。
そのため、直帰率が90%後半なページばかりでした…

そこでリード文を見直したことで、直帰率を80%台にまで改善することができました。

直帰率が高くてお悩みの方は、まずリード文の改善に取り組んでください。

理由②:訪問者の滞在時間が伸びてSEO対策に役立つ

 
リード文の出来によって検索順位も変わります。

なぜなら、訪問者の滞在時間がSEOの評価を上げるからです。

  • ページを開いた瞬間に離脱されてしまうページ
  • リード文で訪問者を引きつけて読み進めてもらえるページ

 
後者の方が、圧倒的にGoogleから評価されるページになります。

その結果、SEOの評価も上がり検索順位もアップするんですね。

理由③:リード文を適当に書いてしまっている人が多いから

 
リード文って適当に書いてしまいがち。
以前の僕もそうでした。

これほど重要なリード文なのに、本文を書くことでエネルギーを使い果たして、つい手を抜いてしまう。

ここまでお読みになったあなたなら、リード文の重要性はもう理解しているはず!

検索をする読者の多くが複数のWebページをチェックします。
その中から、リード文が優れたWebページに引きつけられて「ここなら悩みを解決してくれそう!」と感じ本文を読み進めてくれるわけです。

ライバルに差をつける最も重要な箇所が「リード文」なんですね。

まとめ:リード文の書き方をマスターして読まれる記事を完成させよう!

 
今回は、リード文の書き方についてご紹介してきました。

「読まれるブログ記事の8割は、リード文で決まる」

どれほど重要かは理解していただけたと思います。

本文を一生懸命に書いたあと、適当なリード文で仕上げてしまうとブログ記事が台無しです。

ついサボってしまいがちなリード文ですが、本文以上に力を入れて書いていきましょう!

-Blog

© 2021 Eibon blog