【書評ブログの書き方とは?】簡単に書くための構成フォーマット

ブログで「書評」が書きたい!

突然、湧きあがってきた欲求。

そう強く思ってみたものの、
いざ書こうとしたら、何を書いていいのか分からない。

小学校の頃に書いた、読書感想文とは違うだろうし。

「書評ブログには、どのような要素が必要なのか?」

そんな疑問を解消するために、今回は書評ブログの書き方について調べてみました。

書評ブロガーにも2つのスタイルがある

「書評ブログ」と検索窓に打ち込むと、
様々な書評ブロガーさんが書いた、多くの記事がヒットします。

いくつか読んでみると、大きく分けて2つのスタイルがありました。

1.本の内容がメイン:本を要約して紹介するスタイル

本がどういった内容なのか、教えてあげるスタイル。
本の要約がページの大半を占めています。

そのため、他のブログと内容がかぶってしまいがち。

2.自分の考えがメイン:本の引用に独自の見解を書くタイプ

本から引用した箇所に、自分なりの意見や感想をつけていくスタイル。

「引用 + 自分の考え」をセットにして
繰り返していくことで記事が出来上がっていく方法。

ブロガー独自の考えや体験を交えることで、独自の記事になる。

個人的に読んでいて面白いのは「2.自分の考えがメイン」ですね。
ただ本の内容を要約するだけでは、ただのネタバレ。
Amazonの要約を見えれば十分ですし。
ブロガー独自の主張や、意見を読みたいですから。
私が目指すのは「自分だからこそ書けた独自性のある記事」です。

 

構成をフォーマット化することが大事

書評記事を、毎回、行き当たりばったりで書いていくのはツラいです。
継続して書いていくためには、ある程度の「フォーマットを決めて書く」こと。

自分の作ったフォーマットを埋めていくように書いていくと

  • 書くことが楽になって継続できる
  • 読者がわかりやすい

ブログ記事の「量」と「質」の両面にメリットがありますね。

書評ブログの構成によく含まれている項目

1.自分が気になった箇所を引用+主張

引用箇所に対する自分の主張を述べる。
体験などをまじえて、独自の視点で書けるのが理想。

引用箇所が多すぎるのはNG。
本の大部分の内容をネタバレするのは良くありません。
厳選して絞ること。

2.本を呼んだ理由

なぜ、その本を選んだのか。

  • 何に悩んでいたのか?
  • 何に疑問をもったのか?
  • 何を改善したかったのか?

3.本を読んで得られたこと

本を読んだことによる成長。
読む前と読んだ後の考えの変化など。

それまでの自分の固定観念が、どうくつがえったのか。
どのような新しい気づきがあったのか。
何を得ることができたのか。

自分の発見を入れることで、独自の読書体験の記事になる。

4.本を読んだことで変わった自分自身の行動や習慣

考えだけではく、何か行動にまで変化があったのか。
新しく取り入れた習慣など。

私の書評フォーマット

1.タイトル

書名 + 独自視点の感想

2.導入部

本の概要

3.引用 + 感想

印象に残った箇所と、それに対する自分の考え。

4.最後のまとめ

書評を書くための読書の仕方

書評を書くなら、これまでと同じような本の読み方ではいけません。

なぜなら、書評の材料となる引用箇所を探しながら読む必要があるからです。

私はKindleで本を読むことが多いので、ハイライト機能を使って材料となる引用箇所を集めます。

まとめ

「この本は面白そう!読んでみたいな」

そんな風に読者に思ってもらえる書評を目指したいですよね。

それと、すでに本を読んだ方が

「こんな考えもあるんだな」

と思ってもらえる独自の考えが書ければ、面白い書評になると思います。

自分だけの、オリジナリティのある書評ブログを目指したいですね。