Blog

ブログに難しい語彙力は必要ない理由3つ【イチローの名言から学ぶ】

ブログ記事に難しい語彙力は必要ない

ブログを始めたけど、語彙力がなくて悩んでいます。ブログで稼ぐために語彙力は必要でしょうか?

 
このような疑問に答えます。

本記事の内容
  • ブログに難しい語彙力は必要ない3つの理由
  • ブログ記事で大切なのは「体験談」

 
今回は、ブログには語彙力が必要ない理由について解説していきます。

先日に下記のツイートをしました。

上記の内容について、元メジャーリーガーのイチローさんの名言を参考に深堀りしていきます。

ブログ運営をスタートして、まずショックを受けるのが「自分に語彙力がないこと」です。

僕自身も、もちろん落ち込みましたし、いまも語彙力には自信がありません。

でも、ブログで稼ぐことができています。

なぜなら、ブログで稼ぐためには「難しい語彙力は必要ない」どころか、邪魔にすらなってしまうから。

それでは、詳しく解説をしていきましょう。

ブログに難しい語彙力は必要ない3つの理由

ブログに語彙力が必要ない理由は下記の3つです。

ブログに語彙力は必要ない3つの理由
  1. 自分の中から生まれていない言葉は薄っぺらい
  2. 人に伝わる言葉は自分の中から出てきた言葉
  3. 難しい言葉より、わかりやすい言葉が人に伝わる

 
元プロ野球選手イチローさんの言葉を引用しながら、順番に解説をしていきます。

その①:自分の中から生まれていない言葉は薄っぺらい

「ああ、なんか良いこと言っているのに伝わらないな」って人もけっこういて。そういう人ってやっぱり頭で理解している人なんですよ。だから自分の中から生まれてきていないから何となく薄っぺらく感じる。そういうのが画面上から出てくるんですよね

引用:元プロ野球選手イチローさんの言葉

上記のとおり、借りてきた難しい言葉って薄っぺらく感じますよね。

心に響きません。

ブログを始めたばかりのころは、無理をして使い慣れていない難しい言葉を選んでしまいがちです。

僕も格好つけようとして失敗をしました。

背伸びをせずに、自分が使い慣れている言葉でいいんです。

その方が書き手の中から生み出された言葉になって、読者に伝わる文章になります。

その②:人に伝わる言葉は自分の中から出てきた言葉

僕が言っていることが、人にもし染み入るものがあったとしたら、それは僕の中から出てきているものだから。

引用:元プロ野球選手イチローさんの言葉

話し手や書き手の中から出てきた言葉には説得力があります。

人の伝えるということは、豊富な語彙力で読み手を論破することではないんですね。

イチローさんは本を読まないそうです。

理由は「他人に答えを提示されるのが嫌だから」

さすがイチローさん!という考え方。

「自分で悩んで、自分で答えを出す」
上記を徹底しているイチローさんだからこそ、ひとつひとつの言葉に重みがあるんですね。

イチローさんの言葉に対する向き合い方は、僕らブロガーにとってたいへん参考になります。

「他人から借りた言葉」ではなく「自分の中から出てきた言葉」が「人に伝わる言葉」になるんです。

その③:難しい言葉より、わかりやすい言葉が人に伝わる

言葉って難しい言葉を覚える必要はまったくなくて、わかりやすく誰もが理解できる言葉でも(人に伝えることができる)それができると僕は信じている。

引用:元プロ野球選手イチローさんの言葉

ブログ記事は難しい言葉よりも、読者がわかりやすい言葉を選ぶべきです。

書き手の知識を自慢する場所ではなく、読者の悩みや問題を解決する場所がブログだから。

あたなの周りにも難しい言葉ばかり使って、自分を優れた人間に思わせようとする人はいませんか?

難しい言葉を使うということは、本質が理解できていない証拠です。

きちんと理解できているなら、相手が理解しやすいように配慮して、簡単な言葉で説明できます。

ブログ記事では、わかりやすい言葉選びは特に重要になります。

なぜなら、読者はわからないことがあるから検索をして、あなたの記事に訪れてくるからです。

悩みや問題をかかえた人に、難しい言葉を使って解説するなんて、典型的なダメ記事ですよね。すぐにページから離脱されてしまいます。

ブログ記事は、難しい言葉を使うのではなく、読者がわかりやすい言葉を使って伝わる文章を心がけていきましょう。

ブログ記事で大切なのは「体験談」

ブログ記事で大切なのは「語彙力」よりも「体験談」です。

ブログ記事を書くために、豊富な語彙力はなくても大丈夫。

それよりも大切なのは、自分の中から出てきた言葉を使って人に伝わる文章を書くこと。

例えるなら「手作りの料理」を相手に出すイメージ。

つまり文章で言えば「自分の言葉」で伝えるということ。

どこかで誰かが言っていた難しい言葉やフレーズを借りるのではなく、自分の中の言葉を使うことで感情も一緒に伝えることができます。

体験談には、書き手の感情が満ち溢れています。
たとえ簡単な言葉ばかりであっても、実際に体験して生まれた言葉は強いです。

人に何かを伝えるときは、難しい言葉を使う必要はない。
他人の言葉ではなく、体験から生まれた自分の言葉に自信を持ってブログを書いていきましょう。

まとめ:語彙力は気にせず、自分の言葉でブログを書いていこう!

今回は、ブログには語彙力が必要ない理由について解説してきました。

理由は下記の3つ。

ブログに語彙力は必要ない3つの理由
  1. 自分の中から生まれていない言葉は薄っぺらい
  2. 人に伝わる言葉は自分の中から出てきた言葉
  3. 難しい言葉より、わかりやすい言葉が人に伝わる

 
上記のように、難しい語彙力なんて必要ないんですね。

いざ文章を書こうとすると背伸びをしてしまいがちです。

僕も同じですから。
なので、文章を見直すときは「もっと簡単でわかりやすい表現はないかな?」と疑いながら自分の文章をチェックしてみてください。

すると「あっ、格好つけようとして難しい言葉を使っている」なんて、自分の文章にツッコミを入れてながら修正しています(笑)

自分の体験や考えから生まれた言葉は、自信を持って使っていきましょう。

ブロク記事の書き方に悩んでいる方は読まれるブログの書き方テンプレート【初心者でも真似すればOK!】の記事を参考にしてみてください。

今回は以上です。

-Blog

© 2021 Eibon blog