【ダイエット目標達成】30代男が1年で18キロ痩せた5つの理由

ダイエット
  • 30代のダイエットは、まず何をするべき?
  • ダイエット成功の秘訣を知りたい!

こんな疑問にお答えします。

この記事で紹介する『30代男が1年で18キロ痩せた5つの理由』を知れば、30代からのダイエット成功にきっと役立つはずです!

なぜなら

エイボン
30代になって1年で18キロのダイエットに成功した僕が、実際にこの記事の内容を実践したことで「ダイエットの目標を達成!」できたからです。

それでは『30代になってからダイエットを成功させた5つの要因』をご紹介していきます。

30代男が18キロのダイエットに成功!秘訣となった5つの要因

エイボン
これなしでは1年で18キロのダイエットは達成できなかった!と断言できる「重要な5つの要因」をご紹介します。

【1】体重を記録してグラフにする

日々の体重を記録してグラフにする習慣は、私のダイエット成功の一番の要因です。

【2】夜に暴食してしまう習慣を止める

僕が太った一番の原因が夜の暴食でした。
夜の暴食を止めることが出来なかったら、ダイエット成功はありえなかったです。

【3】歩くを習慣を身につけた

日常生活の中で、できるだけ「歩く」ことを習慣にしました。
とても簡単な習慣ですが、ダイエット成功に大きな要因の一つです。

【4】有酸素運動を習慣にした

有酸素運動を習慣化できると、太りにくい人生を手に入れることができます。
ダイエット後のリバウンドを防ぐことができたのも「有酸素運動の習慣」のおかげです。

【5】ダイエットのモチベーション維持し続ける工夫

ダイエットは長期戦です。
僕はモチベーション維持のため、楽しみながらダイエット情報に触れるようにしていました。

それでは、5つの要因を詳しく解説していきます。

(1)体重を記録してグラフにするだけで、ダイエットの成功率は上がる!

体重を記録するだけで、何か意味があるの?

あまりにも簡単なことなので、拍子抜けされたかと思います。

けれど「体重を記録しなかったら、僕のダイエットは失敗していた」でしょう。

ちなみに「食事内容」は記録していません。
「体重だけ」を記録する簡単な習慣です。

体重を記録するだけで、太る習慣が改善できる!

特に「ダイエットを開始したばかりの人には必須!」とも言える理由が

体重を記録してグラフにすることで

  • こんな生活をしちゃうと、体重が増えてしまうのか・・・
  • こんな生活をすれば、ちゃんと体重は減るんだ!

この2つの違いが、はっきり分かるようになっていきます。

つまり、自分で気づいて「太る習慣を改善」できるんです!

体重をグラフにして「変化が見える」ようにする!

体重を記録するなら必ず「グラフ化」しましょう!

その理由は、視覚化されて「変化が見える」ようになるからです。

エイボン
体重の数字だけを記録しても、いまいち実感がわかないんですよね。

毎日のわずかな体重の変化が見えることで「食べ過ぎ防止」に繋がります。

体重をグラフにして視覚化したことで、日々の食事量をコントロールできるようになりました。

体重のグラフが「ダイエットのモチベーション」を高めてくれる!

ダイエットの結果が出はじめてると、体重のグラフが右肩下がりになっていきます。

それを見ると

よし!ダイエット順調にいっているな!

と実感できて、テンションが上がるんですね。

毎日グラフをチェックするたびに「とても嬉しい気持ち」になってダイエットに前向きになれました。

体重の記録は「自動的にグラフ化できるアプリ」がおすすめ

いちいち手書きで記録するのは面倒だな・・・

という方におすすめなのが、ダイエット記録ができるスマホアプリです。

エイボン
僕も当初はノートに記録していたのですが、手書きでの記録があまりにも面倒で挫折しました。

数値を入力するだけで、自動的にグラフ化してくれるので楽に体重管理ができますよ。

(2)太った最大の原因「夜の暴食」をやめない限り、ダイエットの成功はなかった!


エイボン
反省の意味も込めて、当時のひどい食生活を告白します・・・

仕事からの夜遅くに帰宅後、コンビニで弁当やパンを買い込み、満腹の限界まで食べる毎日。

一番太っていた時期は「コンビニ弁当を2つ」と「焼きそばパンや菓子パン」までも買い込んで爆食いしていました・・・

いま思い出しただけでも、ほんとに恐ろしい食生活を送っていましたね。

僕が太った最大の原因が「夜の暴食」です。

夜の暴食を防ぐために選んだのは「ダイエット食品」

そんなひどい食生活を、どうやって改善したの?

なんとか夜の暴食をやめようと試行錯誤しました。

その結果、僕がたどり着いた夜の暴食を防ぐ方法は「ダイエット食品の活用」です。

水や牛乳に粉を溶かして飲むといった、定番のダイエット食品を選びました。
摂取カロリーを抑えつつ、満腹感を得られるといった商品です。

置き換えダイエットはしませんでした

完全に置き換えダイエット食品として利用しませんでした。

エイボン
「夜の食事をダイエット食品だけにする!」といった方法はとらなかったんですね。

あくまでも「夜の暴食を防ぐことが目的」でしたから。

夜の暴食を防いだ「ダイエット食品の使い方」

暴食してしまう原因は、帰宅後に極度の空腹状態で食べ始めてしまうことでした。

エイボン
食欲のスイッチが入っていると、制御不能になって限界以上にドカ食いしてしまいます。

そこで

「夜ご飯を食べる前にダイエット食品を飲む」ことにしたんです。

極度の空腹状態を、一度落ち着かせることが目的でした。

作戦は成功!

ダイエット食品によって、お腹がかなり膨れます。

夜の暴食を防ぐことができるようになりました。

(3)歩くを習慣を身につけるだけで、ダイエット効果は絶大!

ウォーキングとかって、長続き続きしないんだよな〜

なんて方でも大丈夫です!

「毎晩、頑張ってウォーキングをする!といった努力はいりません。

「日常生活でなるべく歩く!」だけの簡単な習慣です。

歩く習慣を身につけるためにやった3つのこと

  1. エスカレーターは使わない
  2. エレベーターも使わない
  3. 歩ける距離でのタクシーは使わない

つい楽をしてしまう行為を禁止。

階段を使って、できるかぎり積極的に歩くことにしました。

エイボン
おまけですが、電車内では姿勢を正してピシっと立つ。

ちょっとした習慣ではありますが「歩く意識の改善」はかなりダイエット効果がありました。

歩く習慣は、積もり積もると想像以上にダイエット効果が高い!

階段の上り下りをしたところで、たかが知れてるでしょ〜

なんて、思われるかもしれません。

確かに、一回階段を使っただけでは、ダイエット効果なんてほとんどないです。

しかし

歩く習慣が積もり積もった結果、大きなダイエット効果をもたらしてくれます。

その証拠に、簡単なカロリー計算をすると分かります。

階段の上り下り5分で、約25キロカロリー
電車内で30分立つと、約30キロカロリー消費すると言われています

歩くことを意識しただけで、1日あたり約55キロカロリーの差が生じます。

エイボン
たったの55キロカロリーと思われますか?
  • 1週間で、約385キロカロリー
  • 1ヶ月で、約1650キロカロリー

ただ歩くという習慣を身につけるだけで、1ヶ月に約1650キロカロリー差です。

僕がダイエットを成功させるために、この差はとても大きいものでした。

歩く習慣の脂肪燃焼をアップするコツは「アミノ酸の摂取」

少しでも脂肪燃焼を上げるために、ちょっとしたことを習慣にしています。

それが「歩く前のアミノ酸の摂取」です。

エイボン
少し歩くぞ!というときに、アミノ酸を飲むだけの簡単習慣です。

コンビニで買えるアミノ酸飲料でも良いですし。

僕が愛用しているのは、粉末状のアミノ酸です。

カバンの中に常備しておいて「これから少し歩くぞ!」という時に飲むようにしています。

時間に余裕のあるときは、1つ前の駅で降りて積極的に歩くようになりました。

(4)有酸素運動を習慣にすると、ダイエットは加速する!


僕の1年間のダイエット生活の中で、ダイエットの成果が一気に加速したキッカケがありました。

エイボン
それが「有酸素運動を習慣」にしたことです。

僕が選んだ有酸素運動は「水泳」でした。

水泳の効果は抜群!身体のラインの変化を実感!

積極的に有酸素運動に取組んだ結果、自分でもはっきりとカラダのラインの変化を実感できるようになりました。

エイボン
脂肪が落ちるだけでなく、筋肉もついてきたことで「見た目の変化が加速」しましたね。

メリハリのある身体作りに、水泳は抜群に効果がありました。

僕が実感した、水泳ダイエット3つのメリット

  1. 脂肪燃焼、基礎代謝アップ!
  2. ケガの心配が少ない
  3. 水の中でストレス解消!

【1】脂肪燃焼、基礎代謝アップ!

水泳は有酸素運動による脂肪燃焼効果に加えて、全身の筋肉を鍛えることによる基礎代謝のアップが期待できます。

【2】ケガの心配が少ない

水泳は陸上での運動とは違い、関節への負担が少ないです。

そのため「運動中のケガの心配がない」のが良いですね。

エイボン
僕は以前にランニングでヒザを痛めた経験があります。

関節を怪我するリスクが少ない水泳は、僕にとって大きなメリットです。

【3】水の中でストレス解消!

子供の頃から、水の中が大好きでした。

エイボン
お風呂では、つい潜ってしまうタイプの人間です。

水中でしか感じることのできない浮力は、日常生活では体感できない特別な安らぎの感覚なんですよね。

プールに入っているときのリラックスした時間は、本当に心が癒されます。

しかも全身運動による爽快感で、ストレス解消にはもってこいです。

(5)前向きな気持ちでダイエットに取り組むことで、モチベーションを維持する!

ダイエットは長期戦です。

エイボン
常にモチベーションを維持するのは大変なことですよね。

僕がモチベーション維持のために実践しているのは「新しいダイエット情報に触れること」です。

新鮮なダイエット情報に触れて、前向きな気持ちで運動や筋トレにはげむ!

新鮮なダイエット情報に触れると、運動や筋トレのやる気が上がります。

エイボン
ダイエットのモチベーションを維持するためにも、僕にとって大切な習慣でした。

信頼のおける雑誌からは、正しい食生活や筋トレ方法を知ることができ、ダイエット成功へとつながりました。

ダイエット関連の情報誌を定期購読してモチベーションアップ!

いまでは定期的にダイエット関連の雑誌を読むのが趣味になっています。

愛読しているのがTarzan(ターザン)ですね。
毎回テーマが変わるので、つい読まずにはいられなくなりました。

エイボン
僕が水泳を初めたのは、Tarzan(ターザン)を読んだのがキッカケだったんです。

運動を取り入れようと考えていた時期に、ちょうど有酸素運動の特集をやっていて水泳に興味を持ちました。

定期的に読み続けることで、ダイエットの正しい知識も身につきます。

加えて、理想的な体作りのモチベーション維持にも繋がっています。

まとめ

以上「30代男が18キロのダイエットに成功!秘訣となった5つの要因」をご紹介してきました。

  1. 体重を記録してグラフにするだけで、ダイエットの成功率は上がる!
  2. 太った最大の原因「夜の暴食」をやめない限り、ダイエットの成功はなかった!
  3. 歩くを習慣を身につけるだけで、ダイエット効果は絶大!
  4. 有酸素運動を習慣にすると、ダイエットは加速する!
  5. 前向きな気持ちでダイエットに取り組むことで、モチベーションを維持する!

上から順に取り入れていくことで、僕は1年で18キロのダイエットに成功できました。

どれか1つでも欠けたら、ダイエット成功は遠のいていたと思うほど重要な5つです。

最初の3つ

  1. 体重を記録してグラフにする
  2. 夜の暴食」をやめる
  3. 歩くを習慣を身につける

すぐにでも取り組めるので「ダイエットにこれから挑戦しよう!」という方にはおすすめですね。

あなたのダイエット成功に、この記事が少しでもお役に立てたらなら幸いです。