【革バッグ・鞄を自分でお手入れする方法】簡単3ステップで綺麗に長持ち!

革バッグ・鞄を自分でお手入れする方法 革製品のお手入れ方法
  • 革バッグ・鞄の簡単なお手入れ方法が知りたい!
  • 革製品の手入れって難しそうだけど、自分でできる?

こんな疑問を解決できる記事になっています。

革バッグや鞄のお手入れは難しいと思われがちですが、やり方さえ知ってしまえば簡単です。

特別なことをしなくても、自分でできるんですね。

怖がらなくても大丈夫!

エイボン
この記事で紹介する『革バッグ・鞄のお手入れ方法3ステップ』を参考にすれば、大切なバッグを綺麗に長持ちさせることができるはずです。

まずは「革バッグ・鞄のお手入れ方法」を解説していきますね。

その次に「革バッグ・鞄のお手入れに必要な物」をご紹介します。

革バッグ・鞄のお手入れ方法【簡単3ステップ】

革バッグのお手入れ
革製品は、お手入れをしないとどうなるの?

「汚れや乾燥を放置したり、革の栄養が不足する」と、キズやヒビ割れの原因になってしまうんです。

エイボン
基本的なお手入れをするだけで、革製品は綺麗な状態を長く保つことができるので大丈夫!

いつも僕がしているお手入れ方法は簡単な3ステップです

  1. ブラッシング・乾拭き
  2. 革用クリームで栄養補給
  3. 防水スプレーで保護

たったこれだけで、革バッグの状態は段違いに変わります!

それでは早速、お手入れをしてきましょう。

今回使う「お手入れグッズ」は後ほど紹介しますね。

(1)ブラッシング・乾拭きでホコリや汚れを落とす!

革バッグをブラッシング
まず最初に、ホコリを落とすためにブラッシングから始めます。

「馬毛ブラシ」で隅々まで優しくブラシをかけます。

エイボン
縫い目のスキマなどホコリが溜まりやすい箇所は、念入りにブラッシングをしていきます。

次に、乾いたやわらかい布で、全体の汚れを取ります。

革バッグを乾拭き
エイボン
日頃から「ブラッシング」と「乾拭き」をするだけでも、革製品のメンテナンスになりますよ!

(2)革用クリームで栄養補給

革用クリーム
表面のホコリや汚れを落としたら、革に栄養を補給します。

革用クリームをうすく塗る

「革用クリーム」を乾いたやわらかい布に、ごく少量とります。

革用クリームをクロスにとる
エイボン
目安としては1円玉くらい。
塗りすぎには要注意!たくさん塗ると逆効果です。

クリームを全体に馴染ませるように、塗り広げていきます。

革用クリームを革バッグに塗る
エイボン
円を描くようにして「うす〜く伸ばす」のがコツです。

乾いた布で、薄く塗り終わったら「ブラッシングでさらにうすく伸ばすと、クリームが革により馴染みます」

ブラッシングでクリームを馴染ます

縫い目や細かい隙間に入ったクリームは、ブラシで掻き出しましょう。

クリームが乾いたら全体を乾拭き

革バッグをクロスで乾拭き
塗り込んだクリームがしっかりと乾くまで待ちます。

クリームが浸透して乾いたら「やわらかい布」で、全体を乾拭きして「表面の余分なクリーム」を拭き取ります。

エイボン
シワ部分や縫い目などはクリームが残り易いので、しっかり拭き取りましょう。

最後にバッグ全体を優しく磨き上げます。

手入れが完了した革バッグ

革の表面に艶が出て、嬉しくなりますね!

(3)防水スプレーで保護

革バッグに防水スプレーをかける
仕上げは、防水スプレーで雨や汚れからバッグを保護します。

エイボン
防水スプレーをかけることで「水濡れ」だけでなく「汚れ全般の付着」を防ぐことができますよ!

防止スプレーのコツは、近づけすぎないこと

バッグから20~30cmほど離して、全体にムラなく吹きかけます。

防水スプレーは必ず屋外で使用してください。

日陰でしっかり乾かします。

表面が乾いたら、柔らかい布で乾拭きをして完了です。

お疲れ様でした!

革製品は手入れをするほど愛着が湧いてきますよね。

防水スプレーについて詳しい方法は新品の革バッグを綺麗に長持ちさせるお手入れ方法!使う前に防水スプレーが必須の記事内でも紹介しています。

革バッグ・鞄のお手入れで用意する物

革バッグのお手入れセット
自分で革バッグや鞄をお手入れするなら、下記の4点セットがあれば十分です。

  1. 馬毛ブラシ
  2. やわらかい布(クロス)
  3. 革用クリーム
  4. フッ素系防水スプレー

一度揃えてしまえば、数年は使えるのでかなりコスパが良いですよ。

エイボン
しっかりお手入れすのは、数ヶ月に一度くらいの頻度で十分ですから。

特に革用クリームは、頻繁に塗りすぎないように注意しましょう!
多くても、一月に一度ぐらいを目安にしてください。

「ブラッシング」と「乾拭き」は日頃から習慣にすると、いつでも綺麗な状態が保てますよ!

(1)馬毛ブラシ

馬毛ブラシ
革バッグ・鞄のお手入れグッズの定番と言えば「馬毛ブラシ」

エイボン
革製品の手入れは、ブラシで磨いている時が一番楽しいですからね!艶が出て嬉しくなります。

革靴にも使えるので、ブラシは1つもっておくとかなり重宝しますよ。

僕はコロニルの馬毛ブラシを愛用しています。

(2)やわらかい布(クロス)

やわらかい布
革バッグ・鞄のお手入れの必需品となるのが「やわらかい布(クロス)」

使わなくなったタオルや雑巾でもお手入れはできます。

けれど、革製品に適した「布のやわらかさ」と「キメ細かさ」を求めるなら専用のクロスがおすすめ!

僕が愛用しているのはコロニルのポリッシングクロスです。

エイボン
お気に入りの革バッグにボロ布は使いたくないですからね。

(3)革用クリーム

革用クリーム
革用クリームは妥協しない方が良いです。

エイボン
安いクリームだと、シミの原因にもなりますから。

大切な革製品に使うんですから、信頼のおける実績のあるメーカーから選んでください。

僕もかなり調べまくって辿り着いたのが

コロニルの栄養クリーム「シュプリームクリームデラックス」でした。

革製品のメンテナンスにこだわっている人ほど、選んでいるクリームです。

僕自身これまでいくつかクリームは試してきたんですが、スーっと革に馴染む感じが気に入っています。

安物のクリームだと、ベタっと革の表面に乗るだけなんですよね。

(4)フッ素系防水スプレー

防水スプレー
革バッグを水濡れや汚れから守りたいなら、防水スプレーの保護はぜひやっておきましょう。

100均でも防水スプレーは売られていますが、シミなどが怖いので使っていません。
傘などにはガンガン使えるんですけどね。

僕が大切な革バッグに使っているのはコロンブスの「アメダス防水スプレー」です。

防水スプレー
エイボン
革製品のお店にもよく置いてある信頼できる防水スプレー。
防水スプレーの評判や口コミをネットで調べると、おすすめしている人が多いです。

実績のある老舗メーカーなので、迷ったときはコロンブスの防水スプレーを選んでおけば間違いないと思います。

【カビに注意】革バッグ・鞄の保管場所は風通しの良い場所に

せっかくお手入れをして綺麗にしたんですから、保管場所には気をつけましょう。

革バッグや鞄を保管する場所は、高温多湿を避けてください。

なぜなら、油断すると革製品はカビが生えやすいんですね。

しばらく使わないときは、風通しの良い場所に保管しましょう。

万が一カビが生えてしまったら【革のバッグ・鞄のカビの落とし方】水洗いせずにカビを綺麗に取る方法の記事を参考にしてください。

まとめ

以上、革バッグ・鞄のお手入れ方法をご紹介してきました。

自宅でも簡単にできる3ステップです。

  1. ブラッシング・乾拭き
  2. 革用クリームで栄養補給
  3. 防水スプレーで保護

想像していたよりも、簡単だったのではないでしょうか。

日頃から「ブラッシング」と「乾拭き」をするだけでも、革バッグはかなり綺麗な状態をキープできます。

逆に、クリームは使いすぎないように注意してくださいね。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

ご覧頂き、ありがとうございました!