【革クリームの上手な塗り方】ペネトレィトブラシをおすすめする3つの理由

ペネトレィトブラシをおすすめする 革のメンテナンス道具
革クリームを上手く塗るコツは?ペネトレィトブラシがおすすめされているけど、実際の使用感が知りたい!

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 革クリームを上手に塗るために、ペネトレィトブラシおすすめする3つの理由
  • ペネトレィトブラシの使い方を紹介
  • ペネトレィトブラシの手入れ方法

あなたは革クリームをどのように塗っていますか?

  • 布を使って塗っている
  • 指にとって塗っている

この2つの塗り方をされている方が多いと思います。

そんな方にぜひ一度!
使っていただきたいのが「ペネトレィトブラシ」です。

エイボン
僕は以前、布を使って革クリームを塗っていたんですが、いまいち上手く塗れずに悩んでいました。

ある時、ペネトレィトブラシを試しに使ってみたんです。

そうしたら、革クリームが上手く塗れるようになり、仕上がりも格段に綺麗になったんですね。

そこで本記事では、革クリームを上手に塗るために、ペネトレィトブラシおすすめする3つの理由について詳しく解説していきます。

革クリームをより効果的に、しかも簡単に塗りたい!というあなたにピッタリの記事です。

革クリームを上手に塗るために、ペネトレィトブラシおすすめする3つの理由

ペネトレィトブラシ
ペネトレィトブラシは、小さな「クリーム塗布用ブラシ」のことです。

エイボン
革クリームを布で塗るのが苦手だった僕の救世主なんですね。

大袈裟ではなく、ここまで言ってしまうほど「おすすめする理由が3つ」あるんです。

ペネトレィトブラシおすすめする3つの理由

  1. 少量の革クリームを、均一にうすく伸ばして塗れる
  2. 布では届かない細部にまでしっかり革クリームを塗れる
  3. 手を汚さず効果的に革クリームが塗れる

1つずつ、解説していきますね。

(1)少量の革クリームを、均一にうすく伸ばして塗れる

革クリームをとったペネトレィトブラシ
革クリームを上手に塗る秘訣は

「少量の革クリームを均一に薄く伸ばすこと」です。

決して、大量のクリームをたっぷり付けることではありません。

お肌につける美容クリームのように「た〜ぷりと付けて潤いを補給!」なんてことをしたら逆効果になってしまうんですね。

布だと少量の革クリームをうすく伸ばすのが難しい!

布で塗るデメリットがあります。

  • 最初に付けた一箇所にクリームが集中してムラができる
  • 布がクリームの水分を吸ってしまい伸ばしにくい

伸ばしているうちにクリームの水分が吸われてしまい、伸びが悪くなります。

すると、何度もクリームを付け直す必要が出てくるんですよね。

その結果、クリームをつける量が増えてしまい、均一にうすく伸ばすことができなくなります。

布で乗ると、ムラになりやすく綺麗に仕上がりません。

ペネトレィトブラシなら少量の革クリームを素早く均一にうすく伸ばして塗れる

ブラシならクリームの水分を吸収してしまうことがありません。

少量の革クリームを、全体に素早く均一に塗ることができます。

しかも簡単にうすく伸ばせるので、仕上がりがとても綺麗になります。

エイボン
無駄に革クリームを消費しないので、布より経済的なんですよね!

(2)布では届かない細部にまでしっかり革クリームを塗れる

ペネトレィトブラシで革クリームを塗りのばす
布で革クリームを塗っていたときの悩みが

  • 革のシワにクリームが溜まって白くなる
  • 革の細かい模様や穴飾りにクリームが詰まる

以前の僕は、細部まで革クリームを上手く塗ることができなかったんですね。

細かい箇所に一生懸命に布を押し込んだり・・・
無駄に時間を費やしている間に、ムラができてしまう始末でした。

ブラシを使い始めてから、それまでの悩みが一気に解消されましたね。

ブラシでなら、細かい部分にクリームを浸透させられる!

革のシワにクリームが溜まっても、ブラシなら簡単に塗り広げることができます。

布では行き届かない、革の模様や穴飾りといった細部にまでブラシの毛先が入り込んで、しっかり革クリームを塗ることができるようになったんです。

エイボン
全体の仕上がりだけでなく、細かい部分にまできちんとクリームを簡単に浸透させることができるようになりました。

布を使っていた頃は革クリームを塗るのが面倒くさすぎて、革の手入れが嫌になっていたんです。

ブラシを使うことで何の苦労もなく簡単に革クリームを塗れるようになって、革の手入れが好きになりましたね。

(3)手を汚さず効果的に革クリームが塗れる

指でとった革クリーム
革クリームは手に匂いがつくと、洗ってもすぐに取れないんですよね。

ブラシなら革クリームを塗るときに手を汚すことがありません。

しかも指で塗るよりも、ブラシの方が効果的に塗れると思います。

ここではひとつ、指で革クリームを塗り込む方法と、ブラシで塗る方法を比較してみましょう。

結論:指で塗るメリットを実感できない

革クリームを、指で塗ることを推奨している方もいます。

その理由として、手の体温によりクリームが温められることで

  • より浸透する
  • よく伸びる

なんて聞くことがありますが、僕は実感することができませんでした。

そもそも指の体温程度で、浸透のしやすさがそこまで変わるとは思えないんですよね。

それよりも、ブラシで均一に素早く伸ばす方がよっぽど革への浸透効果は高くなると思います。

手を汚すことなく、素早く均一に薄く伸ばせるブラシの方がメリットを感じています。

ペネトレィトブラシの使い方を紹介

特別、難しい使い方があるわけではありません。

初心者の方にこそ使って欲しいくらい簡単です。

(1)ブラシの毛先に米粒2~3粒程度の革クリームをとる

ペネトレィトブラシでとる革クリームは少量
布だとクリームを取りすぎてしまうことが良くあったんですね。

でもブラシなら、チョンっと毛先を付けるだけなので、少量のクリームを簡単に取ることができます。

(2)円を描くように素早く革クリームを全体に広げます

ペネトレィトブラシで革クリームを塗るコツ
ブラシだと、素早く簡単に塗り広げることができます。

革クリームが一箇所にベタっと大量につくことがないので、ムラにならずに薄く伸ばすことができるんですね。

布と違ってクリームの水分が吸収されないので、少量を全体に伸ばすのが本当に楽です。

(3)仕上げにブラッシングと乾拭きをして完了!

革靴をブラッシング
馬毛ブラシを使って、塗り広げた革クリームをなじませます。
この一手間で、クリームがより塗り込まれますよ。

革靴メンテの仕上げに乾拭きで磨き上げる
仕上げに乾拭きで磨き上げて完了です!

ペネトレィトブラシのお手入れ方法

ペネトレイトブラシのお手入れは簡単です。

何度か使用していると、毛先にクリームが固まってくるんですよね。

すると、革クリームを伸ばしづらくなるので、ブラシは定期的に洗ってください。

お湯で洗うと、固まったクリームが落ちやすい!

水ではなく、お湯で洗うと毛先に固まったクリームが綺麗に落ちます。

タオルなどで水分を拭き取ったら、風通しの良い場所に置いてしっかり乾燥させてください。

まとめ

以上「革クリームを上手に塗るために、ペネトレィトブラシ」おすすめする3つの理由」をご紹介してきました。

最後にもう一度まとめておくと

ペネトレィトブラシおすすめする3つの理由

  1. 少量の革クリームを、均一にうすく伸ばして塗れる
  2. 布では届かない細部にまでしっかり革クリームを塗れる
  3. 手を汚さず効果的に革クリームが塗れる

小さなブラシ1つで、革クリームの塗布が本当に楽になりました。

簡単にしかも綺麗に塗れるようになったのが嬉しかったですね。

革製品のケアのレベルがワンランク上がったキッカケがペネトレィトブラシとの出会いでしたから。

革クリームを塗る作業がいまいち上手くいかない!と悩まれている方は検討してみてください!