ライフハック

【Macキーボード不具合】勝手に文字が連打入力され暴走【解決策あり】

Macキーボード不具合!勝手に文字が連打入力され暴走

今回は「Macキーボードの不具合」について解説します。

先日、Mac純正のワイヤレスキーボードが「勝手に文字を連打入力」して暴走する不具合が発生しました。

まず、結論から。

Macの「NVRAM(PRAM)リセット」で不具合は解決できました!

コンピューター用語で難しく感じますが大丈夫!
とても簡単な方法です。

それでは、順を追って解説をしていきます。

「Macのキーボード暴走」文字を勝手に連打入力する不具合が発生した状況

Macのキーボード暴走!文字を勝手に連打入力する不具合が発生した状況
まずは、どのような状況だったのかを解説します。

僕は普段、iMacを使っていないときは「スリープ状態」で待機させています。

先日の夜中、突然iMacのスリープ状態が解除されました。ディスプレイには、上記の画面が表示されています。

エイボン
何かの拍子で、スリープが解除されたんだな〜

 
なんて思って画面を見ると、
ログインのパスワードを入力する窓に、文字が勝手に連打入力されています。

「delete」ボタンを押しても文字列がうまく消去できない。数文字を消せたとしても、また勝手に文字が連打入力されてしまいます。

まさにキーボードが暴走状態!

Macキーボードの電源を何度か入れ直す

キーボードの暴走を止めるために、何度かキーボードの電源を入れ直しました。

すると5度目くらいに、一度キーボードの暴走が落ち着いたんですね。

その隙に、Macのログインパスワードを入力して、ログインに成功しました。

再度、Macキーボードの不具合が発生

Macにログインをしたあと、しばらくするとキーボードの不具合が再発しました。

ワイヤレスキーボードの「接続は解除されました」「接続されました」を繰り返したり。

勝手に文字が連打入力されたり。

この状態では、Macで作業ができません。検索すらまともにできない状況。

そこで、iPhoneを使ってネットで検索。
たどり着いた解決策が「NVRAM(PRAM)リセット」でした。

MacのNVRAM(PRAM)リセットでキーボードの不具合が解決

MacのNVRAM(PRAM)リセット
キーボードの不具合を解決した、MacのNVRAM(PRAM)リセットの方法を紹介します。

NVRAM(PRAM)リセットの方法
  • Macのシステムを終了して電源を落とす
  • 電源を入れたらすぐに「option」「command」「P」「R」の4つのキーを同時に押しっぱなしにする
  • 起動音「ジャーン」が2回鳴るまで、4つのキーを押したままにします(約20秒)
  • 2回目の起動音が鳴ったら、キーを離してOK!

 
これで、NVRAM(PRAM)リセットは完了です。

僕のMacキーボードの不具合は、「NVRAM(PRAM)リセット」で解決できました。

「NVRAM(PRAM)リセット」の方法は、Macの公式サポートで紹介されています。

» Mac で NVRAM または PRAM をリセットする

そもそもNVRAM(PRAM)って?

NVRAM(PRAM)について簡単に解説をしておきます。

NVRAM(PRAM)とは、Macの設定情報が記憶されている特殊なメモリ領域のことです。

Macの種類によって「NVRAM」と呼んだり、「PRAM」と呼ばれたりします。2つの役割は同じ。

NVRAM(PRAM)に保存されている情報
  • 起動ディスクの選択
  • スピーカーの音量
  • 画面の解像度

 
例えば、上記のような設定情報が記録されています。

Macを長く使っていると、NVRAM(PRAM)が悪さをして不具合が生じることがあるそうです。

そんなときは、「NVRAM(PRAM)リセット」をして、Macをリフレッシュするのが解決策の一つとなっています。

まとめ:Macキーボードの暴走不具合を解決した方法

今回は、Macキーボードの暴走不具合を解決した方法をご紹介してきました。

突然、キーボードが勝手に文字を連打入力して暴走したら、焦ってしまいますよね。

僕のケースでは、MacのNVRAM(PRAM)リセットで不具合を解決することができました。

しかし、キーボード自体の故障ということも考えられますので、そのときは修理や買い替えを検討してみてください。

今回は以上です。

-ライフハック

© 2021 Eibon blog