【お腹の脂肪を落とす効果的なダイエット方法とは?】腹筋運動では、お腹痩せはできない!

お腹周りの脂肪って気になりますよね。

少し油断すると、すぐに脂肪が付いてしまう。

そのくせ、お腹の脂肪は落とそうとすると難しい。

何とかスリムなお腹になろうと、腹筋運動を頑張っている方も多いと思います。

今回は、お腹の脂肪を落とすための効果的な方法について調べてみました。

腹筋運動では、お腹の脂肪は落ちない!

お腹周りの脂肪を落とすためのダイエット方法で、まず思いつくのが「腹筋運動」

私も、お腹の脂肪が気になったら、ついやってしまいます。

でもこの「腹筋運動」ですが、実はお腹の脂肪を落とす効果はありません。

どんだけ頑張って腹筋運動をしたとしても、お腹の脂肪がエネルギーとして消費されるワケではないからです。

人間の身体は、動かした箇所の脂肪だけをエネルギーとして使うワケではないんですね。

よく「部分痩せ」と言われれるダイエット法を聞くことがあるかと思います。

しかし、運動によって、特定の部分だけを痩せることはできないんです。

運動直後は、筋肉が刺激されて、引き締まって見えます。

そのため、ウエストが細くなったように錯覚することがあります。

実際は、お腹の脂肪が、そのぶん落ちたなんてことはないんですね。

お腹の脂肪を落とす効果的なダイエット方法

ダイエットに魔法のような裏技はない!ということですね。

当たり前過ぎる、基本的なことをやるしかないんです。

糖質制限で、摂取カロリーを減らす

なぜ、お腹に脂肪がつくのか?

それは、消費カロリーよりも摂取カロリーが上回っているから!

もう、これにつきます。

余分なカロリーのぶんが、体脂肪として全身に蓄えられてしまう。

結果、お腹にも脂肪がついてしまうわけです。

ダイエットにおいて、カロリーのコントロール無しでは成功はありえないということ。

だからといって「食べなない!」なんていう、極端なダイエットは逆効果。

リバウンドの原因になってしまいます。

「カロリー制限 = 食事をしない」

この考え方は絶対にダメです。

では、どうすれば良いのか?

食べる内容を工夫することが大切。

そこで、おすすめなのが「糖質制限」です。

普段の食事であれば「炭水化物」の量を減らすだけで、かなりの摂取カロリーを減らすことができます。

いろいろな食事を我慢する必要もありません。

お肉なんかは、好きなだけ食べても大丈夫なほど。

お肉だけでお腹いっぱいになろうとすると、意外と食べられないものです。

「ご飯」があると、食が一気に進んでしまうんですよね。

美味しいお肉があれば、ご飯何杯でもいける!

っていう、あの食欲を増幅させてしまうのが、とても危険。

ご飯自体にも糖質が多く含まれているうえに、限界以上に食べ過ぎてしまう。

普段の食事で、炭水化物を制限するだけで、かなりの摂取カロリーを減らすことができます。

運動なら有酸素運動が効果的

脂肪燃焼の効果がある運動は、やはり有酸素運動です。

筋トレなどの無酸素運動は、ほとんどカロリーを消費しません。

筋トレよりも、歩いたり、ジョギングしたりする方が、直接的に脂肪をエネルギーとして消費してくれます。

腹筋運動も無意味ではない!筋肉をつけることは大切

では、腹筋運動などの筋トレがまったく意味のないことなのか?

そう言われると、そんなことはありません!

筋肉を鍛えることで、直接的に脂肪を落とすことはできませんが、筋肉量を増やすことはダイエットにとても良い効果があります。

筋肉量の多い身体は、そのぶん消費カロリーが上がります。

つまり、痩せやすい身体になれるわけです。

間違った考え方:筋トレ → 脂肪が落ちる

正しい考え方:筋トレ → 筋肉が付いて痩せやすい身体になる → 脂肪が落ちやすくなる

また、腹筋運動をすることで、お腹の土台がしっかりとします。

脂肪がついていたとしても、リフトアップ効果で、見た目は引き締まってみえるんですね。

まとめ

部分痩せは出来ない!

まず、このことを自覚する必要がありますよね。

ダイエットの基本的な考えは、分かってはいても、つい裏技的な方法にすがりたくなる。

雑誌のダイエット特集で紹介される、流行りのダイエット法なんて、とても魅力的に見えてしまいますもんね。

そんな誘惑にまどわされないことが大切。

汗をかくこと自体にも、脂肪を燃焼する効果はありません。

例えば、気になる部分にラップをまいて、汗を大量にかくダイエット法がありますよね。

脂肪を燃焼させてくれるようなイメージをもってしまいます。

しかし、脂肪燃焼の効果はありません。

では、なぜ細くなったように見えることがあるのか?

それは、汗をかくので、一時的に水分が失われて、細くなったように見えるだけ。

すぐに元にもどってしまいます。

気になる部分を動かしたり汗をかくことで、特定の脂肪を落とすことは無理。

カロリーコントロールで、全身の脂肪を落とすことで、気になる部分をスリムにしていく。

そして、筋肉をつけることで、ボディメイクをしていくのが正解ですね。