目薬の正しいさし方とは?ちょっとしたコツで効果がアップする方法

目薬の正しいさし方ってご存知ですか?

改めて質問されると

「特別な方法なんてないでしょ、ただ目にさすだけだし」

なんて思ってしまいますよね。

当たり前のようにさしている目薬ですが、ちょっとしたコツで効果がアップするんです。

目頭を押さえるだけ!目薬の効果的なさし方

目薬を一滴、目にさしたあと、そのまま放置していてはもったいないです。

それでは、目薬の効果が半減してしまっているかも。

ぜひ、やってほしいこと

それが「目頭を押さえる」です。

目薬をさして、目頭を押さえる理由

目薬をさしたあと、そのままにしていると、目薬の味がしたりしませんか?

目薬の種類によっては、少し苦味を感じたりしますよね。

それは、目と口が繋がっているからです。

つまり、目薬をさしたあとに何もしないと、せっかくの目薬が口の方に流れてしまうんですね。

それでは、目薬の効果が半減してしまいます。

口の方に流れてしまうのを防ぐためにも蓋をする必要があります。

それが「目頭を押さえる」というワケです。

目頭には涙点(るいてん)と鼻涙管(びるいかん)という、喉の奥へと通じる2つの道があります。

目頭を軽く押さえることで、2つの道に蓋をすることができます。

目薬が目に留まって、効果がアップ!

目頭を押さえることで、目薬がしっかりと目の中に留まります。

 

目をパチパチとさせずに、まぶたを閉じるのが正解

目薬をさしたあとに、目をパチパチするってどこで習ったんでしょうね。

無意識にやってしまっていました。

目薬が、目の中に行きわたるがしてやってしまうんでしょうね。

しかし、目をパチパチさせるのは、目薬の間違ったさし方です。

逆効果になってしまいます。

パチパチなんかしたら、余計に目薬が鼻や口の方に流れ出てしまいますからね。

目薬の正しいさし方は

「目頭を押さえながら、まぶたを閉じる」です。

まとめ

私はクールタイプの目薬が大好きです。

目の疲れを感じたら、1日にけっこうな回数をさしてしまいます。

以前は、目頭を押さえることを知らずに、鼻や口に流れっぱなしでした。

目頭を押さえる、正しい目薬のさした方を知ってからは、目薬の効果がアップしたのを実感しています。

点眼液が、長く目の中に目薬が留まるので、クールタイプの刺激の心地よさをより感じることができていますね。

目薬をさす習慣のある方は、ぜひ試してみてください。