筋肉痛が治らない!筋肉痛の回復を早めて治す方法

せっかく筋トレをしたいのに筋肉痛が治らない

筋トレを継続していく中で、付き合っていかなければならない悩みの一つです。

筋肉痛と上手く付き合っていくためには

「早く筋肉痛を回復させる方法」を知っておくことが重要です。

今回は筋肉痛を治す方法について調べてみました。

筋肉痛の回復を早めて治す方法

筋肉痛は、自分の限界を超える負荷をかけたことで発生する筋肉の炎症です。

筋トレであれば、前日のトレーニングがうまくいった証拠のようなもの。

ボディビルターの方たちは「翌日に筋肉痛がないと不安になる」そうです。

そんなトレーニング成功の目安ともなる筋肉痛ですが。

筋肉痛が治らないで、いつまでも長引いてしまうと、筋トレの質が落ちてしまいます。

なるべく筋肉の回復を早めて、筋肉痛を治す方法を知っておきましょう。

筋肉の痛みがひどいときは「まず冷やす」

アイシングは基本となる処置ですよね。
炎症状態の筋肉をまずは鎮静化させることが大切。

また冷やすことで、血液の流れが抑制し、神経を麻痺させることで、痛みが伝わりにくくなります。

タンパク質を積極的に摂る

筋トレによって、筋繊維が破壊された筋肉の回復に必要となるのが「タンパク質」

積極的にタンパク質を摂ることで、筋肉の回復を早めることができます。

材料不足では、いつまでたっても修復できませんからね。

より多くのタンパク質を摂ることで、筋肉の成長にもつながります。

筋肉の回復には睡眠

健康系のアドバイスで「睡眠」と言われると、当たり前すぎて軽く流しがち。

ですが、筋肉の成長に関しては、この睡眠がかなり重要となります。

その理由としては、筋肉の回復が行われるのが、主に寝ている間なんですね。

寝ている間に、体内では多くの成長ホルモンが分泌されるからです。

成長ホルモンは、筋肥大や筋肉の回復に大きな効果があります。

質の良い睡眠が、筋肉を育てるんですね。

軽いストレッチ・運動

完全に筋肉を休めてしまうよりも、筋肉をほぐすストレッチや軽めの運動が、筋肉の回復を早めます。

筋肉がコリ固まった状態では、血流が悪化してしまいます。

筋肉痛の回復を阻害してしまうんですね。

筋肉の柔軟性を高めて、血流を促すストレッチや軽い有酸素運動が効果的です。

お風呂での血行促進

運動後の疲労回復の定番といえばお風呂。

血行を促進することで、疲労物質の除去や、筋肉への栄養補給を促すことで、筋肉痛の回復を早めてくれます。

お風呂の温度は高すぎないように注意。

38〜40度のぬるめのお湯がおすすめです。

また、長湯のしすぎもよくありません。

筋肉痛の回復を早めて治す方法まとめ

筋トレをする上で、タンパク質の重要性を再確認させられましたね。

筋肥大の材料となりますし、筋肉痛からの回復も早めてくれる。

タンパク質をどれだけ効率良く摂取できるかが私の課題です。

毎日の食事でタンパク質を意識してはいるのですが限界があります。

やはりプロテインを摂ることで、効率的にタンパク質を摂取するのがベストですね。