コーヒーポリフェノールはインスタンコーヒーにも入っているのか?

コーヒー好きの私には嬉しい話題を最近よく耳にします。

「コーヒーが身体に良い」

以前は、コーヒーは身体に悪いイメージがあったんですが

悪いどころか、良いらしい!

身体に良い理由が健康成分「ポリフェノール」が含まれているから。

ポリフェノールと聞くと、ワインだとかブルーベリーを思い浮かべるんですが。

コーヒーに入っているってのが意外でした。

そこで疑問に思ったことが一つ。

「インスタントコーヒーにもポリフェノールは入っているの?」

私はインスタントコーヒーばかり飲むので気になったんですよね。

健康に良いのだから、どうせなら普段飲むインスタントコーヒーにも入っていてほしいじゃないですか。

てことで、今回コーヒーポリフェノールに関して調べてみました。

コーヒーポリフェノールはインスタントにも入っているのか?

正解は

「インスタントコーヒーにも、しっかりコーヒーポリフェノールは入っている!」

良かった!
毎日、ちゃんと摂れていた!

では、コーヒーポリフェノールの含まれている量に違いがあるのか?

インスタントコーヒーってお手軽で価格も安い。

そのぶん、成分の質が悪くて、効果が薄れてしまいそうですよね。

「コーヒーの種類によって、違いがあるのか?」
気になりました。

まずは、コーヒーは大きくわけて

  • レギュラーコーヒー
  • インスタントコーヒー

この2つになります。

レギュラーコーヒーという名称は、インスタントコーヒー以外すべてのコーヒーを指すんですね。

レギュラーコーヒーとインスタントコーヒーの違いは何なのか?

 

レギュラーコーヒー:焙煎したコーヒー豆の抽出液。

インスタントコーヒー:焙煎したコーヒー豆の抽出液を、乾燥させて粉末にしたもの。

インスタントもレギュラーも、原料となるのはコーヒー豆で一緒。

単に製造工程が違うだけなので「成分の種類」に違いはないんですよね。

なので、コーヒーポリフェノールは、粉末にしても残っています。

違いが出てくるのが「成分の量」です。

レギュラーコーヒーの方が、コーヒーポリフェノールが多く含まれているとされています。

どれくらいの差があるのかというと

これには諸説あって

「ほとんど変わらない」という意見もあれば

「2倍以上違う」というものもあります。

インスタントコーヒーを売りたいメーカーからしたら「ほとんど変わらい説」を主張しますし

レギュラーコーヒーを売りたいメーカーであれば「2倍以上も違う」というアピールをしたいですよね。

乾燥させて、粉末にしただけで、そこまで差が出るとは思えないんですよね。

なので、「インスタントでもレギュラーでも大差ない」という意見に個人的には賛成です。

実際に、インスタントコーヒーのメーカーが公表している成分量を見れば、十分なポリフェノールが含まれていますからね。

インスタントに比べて、レギュラーの方が良質なポリフェノールが含まれているなんてことは無いので、気にせずにインスタントコーヒーを飲み続けたいと思います。

コーヒーポリフェノールの効能と効果

コーヒーに含まれているコーヒーポリフェノールは「クロロゲン酸」とも呼ばれます。

身体への効能が注目されているわけです。

良い効果は「抗酸化作用」によるものですね。

  • アンチエイジング効果
  • シミ・シワ予防
  • 美肌効果
  • ダイエット効果

女性が喜ぶ効果ばかりですね。

あとは、ガンや糖尿病、そして脂肪肝の予防効果なんてのも期待できるそうです。

コーヒーを飲む習慣があるグループと、飲まないグループを調査した結果で、病気の発症率に差が出ているとの研究結果が世界各国で報告されていますからね。

コーヒーポリフェノールすっごいな!

コーヒーポリフェノールの効能を得るための飲み方のコツ

身体に良いことは分かったのですが

どれくらいコーヒーを飲めば効能があるのでしょうか。

バケツ一杯なんか言われたらキツいですからね。

正解は、1日3〜4杯で良いそうです。

これなら余裕でクリアしていますね。

コーヒーを飲む習慣のある人なら、1日5〜6杯くらい飲んじゃいますもんね。

飲み方にはコツがあります。

一気に3杯飲んでも、効能は期待できません。

というのも、コーヒーポリフェノールには、時間経過で体の外へ排出されてしまう性質があります。

体内に蓄えておけないんですね。

そのため、時間を開けて、継続して飲むのがコツです。

小まめにコーヒーポリフェノールの補給することで、体内に一定量を保つことが良いんですね。

コーヒーポリフェノールは取り過ぎても大丈夫?

1日に7杯以上コーヒーを飲むので、ポリフェノールの取り過ぎが心配になりました。

過剰に摂取してしまうと、身体に悪い影響はあるのでしょうか?

結果は「心配する必要はない!」ですね。

どんな成分でも取り過ぎはもちろん良くありません。

しかし、コーヒーに含まれる程度のポリフェノールでは、問題になるような量ではないんですね。

人が1日で飲めるコーヒーの量ぐらいであれば、健康を害するような量にはならないからです。

安心して、ガブガブ飲みたいと思います。

コーヒーポリフェノールまとめ

健康を意識してコーヒーを飲んでいたワケではないのですが。

今回、コーヒーポリフェノールについて調べてみて、知らず知らずに効果を得ていたんだと、少し得をした気分になりました。

コーヒーの飲みすぎは、身体に悪いくらいのイメージがありましたからね。

これからは、そんな余計な心配をすることなく、思いっきりコーヒーをガブ飲みしていきたいと思います。