【読まれるブログの書き出しとは?】今すぐ使える導入の例文7パターン

「ブログの書き出しに悩んでいませんか?」

そんな小さいこと悩まずに、適当でOK!
ってワケにはいかないのが「ブログの書き出し」です。

想像以上に重要なポイントなんですよね。

ブログ記事を読んでもらえるかどうか
この書き出しにかかっているといっても、言い過ぎではありません。

タイトルをクリックして、最初に目につく一文。
ほんの数秒で読者は読むかどうかを判断しています。

  • 自分の悩みを解決してくれそうだな
  • 知りたいかったことが書いてありそう
  • 何か面白そうだ

このように感じてもらえれば、読者は本文にまで目を通してくれます。

今日から使える、ブログ記事の書き出しパターンを紹介していきますね。

読んでみよ!と思われるブログ記事の書き出し7パターン

1.質問から始める

【例文】
「ブログの書き出しに悩んでいませんか?」

今回の記事で使っているパターンがコレです。

「そうそう、困っているんだよね」と
読者の共感を得られる書き出しです。

自分の悩みをズバリ指摘され、言い当てられたような気分になってしまう。
つい、ブログを読み進めてしまいます。

2.常識を否定する

【例文】
「筋肉を伸ばすストレッチは逆効果だった!?」

世間では常識だと思われていたこと。
しかも、良いことだと思われていた常識ほど、否定したときのインパクトは強いです。

「えっ!それってダメなことだったの!?」

なんて読者が思ってくれれば、詳しい内容まで読んでもらえる確率が高まります。

3.読者の好奇心を刺激する

【例文】
「ちぢれ麺より、ストレート麺の方がスープがよく絡むことが分かりました。」

新事実を聞かされると、人は好奇心で内容が気になってしまいます。

4.読まないと損だと思わせる

【例文】
「失敗しない、ブログ記事の書き方。」

人は「得をする」よりも「損をしてしまう」と思ったときの方が、行動を起こしやすいと言われています。

人は快楽よりも、痛みや失敗を避ける傾向にあるんですね。

「失敗しない○○」というフレーズから始めることで

読まないと、損をしてしまうかも!
と気になった読者は、本文まで誘導できます。

5.読者のベネフィットを宣言

【例文】
「この記事を読めば、今日からブログの書き出しに迷うことはありません。」

ブログ記事を読むことで得られるメリットを約束するパターン。

悩みが解決した未来を宣言することで、読者は記事を最後まで読みたくなります。

6.実体験をストーリー形式で興味を引く

【例文】
「以前の私は、文章を書くのも読むのも苦手でした。」

自分の体験を語ることで、読者に興味を持ってもらいます。

ストーリー形式は、その先の展開が気になって読みたくなってしまうもの。

7.「OPQ分析」を使った書き出し

OPQ分析とは?

O Objective 目標(読み手が思い描く理想)
P Problem 問題(現状の問題点・理想とのギャップ)
Q Question 疑問(読み手の疑問・理想に近づくための課題)

読者が「叶えたい理想」と、「現在の状況」とのギャップを明確にする。
そして、理想を実現するための問題点を提示して、本文へ誘導。

OPQを使った書き出し例

「読まれるブログの書き出し」をOPQを使って書いてみます。
それぞれの項目を書き出す。
そして、文章にします。

O:読者を引きつけられるブログの書き出し
P:現状はすぐにページを閉じられてしまう
Q:どのように文章を改善したら良いのか?

【例文】
(O)魅力的なブログの書き出しによって、多くの読者が記事を読み進めてくれます。(P)しかし、書き出しの導入部で読者を引き付けることは簡単ではありません。(Q)読者を引き付ける魅力的な書き出しと、ページを閉じられてしまう書き出しの違いはいったいどこにあるのでしょうか?今回は、直帰率をグンと改善する魅力的な書き出しのポイントをご紹介します。

とりあえず、書いてしまうことも大事

いざブログを書こうとしても、書き出しで手が止まってしまう原因。

それは
「最初から完璧を目指しすぎている」
からだと思います。

自分が理想としている、完璧な文章を意識すぎると、なかなか書き始めることができません。

「文章は、あとで削除しても良い」

気軽に書き始める意識も大切なんですよね。

ジョギングも、とりあえずゆっくり走り出せば、身体が温まってきてペースが徐々に上がっていきます。

文章も、とりあえず書いてみる。
すると書きながらアイデアが生まれたり、新たな視点が見つかったりすることもあります。

ブログはタイトルや導入分が、最後に決定することが多いですから。

最初から「完璧な文章」を意識し過ぎず、
「とりあえず書き始める」ことが大切ですね。

まとめ

せっかく書いたブログ記事を読んでもらえるかどうか。
最初の書き出しで、決まってしまうケースが多いです。

直帰率などが多い場合。
書き出しを改善することで、読者の離脱を大幅に減らすことができます。

色々なパターンを試してみて、読者の反応からよりよい書き出しを見つけていきましょう。